FXで20代でリタイアを目指すエンジニア

FXで脱従業員、経済的自由を手にするまでを綴ります。

2019年 FXトレード環境

どうも新宅です。

FXのトレード環境がある程度整ってきたので、見せびらかさせて下さい w

 

4K32インチディスプレイ

f:id:shintakuchiaki:20190302122102p:plain

13インチのmbpと比べてこんなに違います!

32インチにした理由は職場で使っている27インチを狭いと感じるからです。

現時点でのトレードスタイルは主にデイトレードで、通貨の強弱を見るためいくつかの通貨をチェックしています。

mbpだけでのトレードは正直通貨ペア切り替え、時間軸切り替えが多く効率悪いの極みでした。 

ディスプレイを使用してみて感じたのは、もう1枚必要ということです。

 

mbpスタンド

f:id:shintakuchiaki:20190302122121p:plain

画面が目線の高さに来るだけで首と肩の負担が劇的に減りました。

兼業トレーダーのため、限りある体力をどれだけ効率よく使うかも大事なポイントと考えています。

 

キーボード

f:id:shintakuchiaki:20190302122056p:plain

mbpをあのスタイルで使用するのでキーボードが必要になってきます。

キーボードの条件はテンキー付き、US配列、有線です。稟議の関係でこのグレードのものを購入しました。

macのキーボードしか使ったことなかったのでストロークの深さとキーの配置の違いに戸惑いましたが使えば都、慣れました。

ただ茶軸とは仲良くなれそうにありません。

 

マウス

f:id:shintakuchiaki:20190302122115p:plain

マウスに関しては有線以外こだわり無しです。

強いて言うならサイズを大きめのものにしました。

マウスパッドは大きめサイズが最高です。

 

イス

f:id:shintakuchiaki:20190302122039p:plain

みんな大好きゲーミングチェアです。

アームレスト調節機能がついていることを絶対条件に探していたところ、ぴったりのイスを見つけました。

f:id:shintakuchiaki:20190302122043p:plain

こいつのすごいところはゲーミングチェアとしては低価格帯の1万4〜5千円で、アームレストの自由度がとても高いところです。

座った時の視点から上下左右前後と調節可能です。

自分にあったアームレストで作業すると肩への負担が全然違います。

 

まとめ

自分のデスク周りのカスタムとか秘密基地作ってるみたいでめっちゃ楽しいです w

ここまで環境を整えて、本当に理想の環境が更に強くイメージできるようになりましたが、それを揃える資金をFXから得られるよう精進します。

やりたい事全部やるのに労働収入じゃ死ぬまでに間に合わないです。